暇つぶしに読んでみてください!イライラを解消するおすすめの方法!

あなたは気が短いほうですか、それとも長い方ですか?

私はとても気が短く、ちょっとしたことですぐにイライラしてしまいます。だからといってそのイライラを周りに見せてしまうと周りの空気が悪くなってしまい、それはイライラする以上に良くないことです。

そんな時皆さんはどうしていますか?そのまま悶々とし続けますか?

イライラを抱え込むと頭痛や腹痛、肩こりなどの原因になることもしばしば。またイライラしているだけで自然と体が疲れてくることも。

一般的にはイライラを抑えるツボをマッサージしたり、大声をだしたり、ヤケ食いしてみたりといった方法があると言われています。

 

 

しかし、私にはこれらとは異なった自分なりのイライラ解消法があります。

 

それは簡単に言いますと妄想することです。具体的には、今の状態を好きな人や憧れている人にみられていると妄想することです。そうするとイライラしている姿を見せていることが恥ずかしくなり、自然とイライラがおさまってきます。もしなかなかおさまらない場合でも、少し無理をしても収めようとします。

ここで言う好きな人・憧れている人はどんな人でも構いません。自分が片思いしている人や彼氏彼女、好きなアイドル、応援しているスポーツ選手、漫画に出てくるイケメンキャラなどどんな方でも大丈夫です。

1人くらいは思い浮かぶのではないでしょうか。あなたはそんな人たちにカリカリしている姿をみられたらどう思いますか。好きな人・憧れの人の前では、少しでもかっこいい姿で立ち振る舞いたくないですか?

そんな人の前では優しい人・おおらかな人だと思われたいのではないですか。やっぱリ懐が大きい人だと思われたいですよね。

たかが妄想かもしれませんが、意外に効き目があります。段々とイライラがおさまってくるんです。一種のイライラをおさめる妄想ゲームだと思ってもらえると良いかもしれません。

 

ここ書いたことはあくまでも私個人の意見で、すべての人のイライラがこれでおさまるというわけではありません。しかし、他人のことで自分の心が乱されるのは時間も気力も無駄ということだけは確かです。きっと皆さんにも自分にあった形のイライラ解消法があると思います。ぜひそれを活用し、ストレスが少ない楽しい時間を送ってください。

 

トリュフかけ放題!!恵比寿で期間限定 天使の口どけオムレツキャンペーンを実施!

 

8月13日(日)~9月16日(日)の期間中 恵比寿駅徒歩三分 鶏ビストロ★トリコヤは 人気メニューの「ふわふわフレンチオムレツ」に今回はイタリアから入荷したトリュフをディナー予約を頂いた方のみ限定!目の前でかけ放題で提供します!!

トリュフかけ放題!ふわっふわのフレンチオムレツトリュフかけ放題!ふわっふわのフレンチオムレツ

株式会社ダイニングイノベーション

(東京都渋谷区恵比寿 代表取締役 松宮秀丈)が運営する「鶏ビストロ★トリコヤ」 は、サマサマサマーキャンペーンとして8月13日(月)から9月16日(日)の間、サマートリュフかけ放題のキャンペーンを実施いたします

恵比寿駅から徒歩三分の場所にある、「鶏ビストロ★トリコヤ」はアメリカ西海岸を思わせるオープンテラスが人気のビストロ。お店の看板メニュー鶏一羽を丸ごと焼く「プレロッティチキン」と肩を並べる人気メニューふわふわのフレンチオムレツにトリュフをかけ放題という驚きのキャンペーンを実施します。

一組限定の篝火付きテラス一組限定の篝火付きテラス

オープンテラスで風を感じながら、気軽に本格フレンチビストロ料理を体験できる素敵なお店。本格ビストロ料理はもちろん、グラスワインは600円~常時7種類、ボトルは2900円~の厳選したワインがおよそ50種類。テラスはランチタイムも人気です。

テラスはランチタイムも人気

ランチタイムも営業しており、ふわっふわのフレンチオムレツが乗ったオムライスはランチならではのメニューで一番人気!コストパフォーマンス抜群!

名物の「プレロッティチキン」は注文を受けてから焼き始め、二つの温度帯を使い分けるからこそのジューシーで表面パリパリな味わいを楽しめます。

名物 ”プレロッティチキン”名物 ”プレロッティチキン”

オープンテラスのソファー席オープンテラスのソファー席

ロティサリーマシンを使わない独自の調理法。岩田シェフがフランスで学んだ料理法をさらにアレンジし、肉汁を一滴も無駄にしないジューシーなしあがりは他では味わえない特別な味。

これを機に是非 「トリュフかけ放題のフレンチオムレツ」と看板メニューの「プレロッティチキン」をご一緒にお楽しみください。

女性に人気のお通しのピクルスはおかわり無料!

お金がないけど旅行したいというわがままな方へ

 

遠出や旅行が好きだけどお金の関係からなかなか行けない。現地での食事や観光、宿泊にお金をかけたいから移動費は安く済ませたい。そんなことを思ったことはないでしょうか。かく言う私も給料日以外はお金が無いという状況が続いています。

そんな方々に移動費を安く抑える方法を3つほどご紹介いたします。また移動費を安く済ませる際に気をつけたほうがいいことを合わせてお教えします。中には「何だよ、そんな事知ってるよ」ということもあると思いますが、暖かく見守ってください。

 

1、ライドシェア(相乗り)

ライドシェアというと「Uber(ウーバー)」を真っ先に思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。我が「nori-na(ノリーナ)」もこのライドシェアサービスを提供しています。

例えば、大型フェスに車で行こうとするAさんがいます。そして同じフェスに参加予定だけど移動手段がなくて困っているBさんもいます。そんな同じ目的・目的地を持った人たちをマッチングさせ、道中の車内空間を楽しく過ごして貰う。そんなサービスがライドシェアです。

日本では法律の規制があり、このライドシェアではドライバーさんは同乗者の方から移動にかかったガソリン代等といった実費のみを受け取ることができます。そのため余計な利益と言ったものが発生せず、金額を安く済ませることができます。またドライバーさんとの交渉次第では実際にかかったガソリン代よりも安く済ませることができます。

もしよかったらノリーナを使ってみてください。いろいろな人との楽しい出会いがあると思いますよ。

ただ、注意すべきこととして人の車に載せていただくことになるので、最低限のマナーなどはしっかりと守るということです。

▽ダウンロード▽

http://www.norina.jp/download/

 

2、ヒッチハイク

言わずとしれた格安というか無料の交通手段。コミュニケーション力がある人にとってはただで遠くまで行ける最高の手段かもしれません。

ただ、このヒッチハイクもライドシェアと同様に他人の車に乗せていただくことになるため最低限のマナーは守らなければなりません。

また、なかなか乗せてくれる車がつかまらない場合は屋外で立ちっぱなしなんて事態になるかもしれません。堀江貴文さんがおっしゃっていましたが効率よくヒッチハイクをしたいなら高速道路のパーキングエリア・サービスエリアで声をかけることだそうです。

もしヒッチハイクを行いたいと思う方がいましたらぜひ試してみてください。

 

3、徒歩

これは盲点ではなかったですか。まあ、交通手段を紹介すると言っているのに徒歩が紹介されるなんて思わないですよね。ただ、徒歩は自分の気力次第ではどこへでもいけます。また歩きを泳ぎに進化させると海外だっていけちゃいます。

道がないところだってズイズイ進めちゃいます。

ただ、注意すべき歩くと疲れるということです。ライドシェアやヒッチハイクは車での移動になりますので、足が疲れるということはあまりないと思います。

しかし、徒歩で頼れるのは己の足のみです。だから足が疲れます。車はガソリンを1リットル入れると10キロくらいは走っちゃいますが、人間はコーラを1リットル飲んでも10キロ歩くなんてことはできないですよね。

いろいろと紹介してきましたが、どれを選択するにしてもみなさんが楽しい旅を送れることが一番大切です。ここに書いていないことでも安く移動できる手段はあります。ぜひ自分のオリジナルな手段を見つけて、楽しい旅を送ってください。

 

どうしてもやる気が出ないあなたへ。

勉強。仕事。他人との約束事。やらなければならないことがあるのにどうしてやる気が出ない。そんなときってありますよね。

大学や高校の入試に向けた受験勉強や資格取得に向けた勉強、今週中に作らなきゃいけないプレゼン資料、誕生日企画の幹事を頼まれたなど、やらないといけないことはわかっているんです。でも何故かやる気が起きない。私個人的には月に1回ほどはこのような状況に陥ります。

そのたびにテンションが上がる音楽を聴いてみたり、モチベーションが上がる動画を見てみたり、格言を読んで気持ちを高めようとしたり、いろいろな方法を試してきました。

しかし、毎回結果は同じ。結局やらなければいけないことに手が伸びることはありませんでした。

テンションを上げる動画を見るつもりが、気づいたらお気に入りのアーティストの音楽を聞き入ってしまう。モチベーションを上げる動画を見るつもりがおすすめ動画に移ってしまう。格言を見るという名目でSNSを開き、友達の投稿にグッドボタンを押していたり。

やる気がでない時は何をしても誘惑に負けてしまいます。

 

では、どうすればよいのでしょうか。

私なりの答えは「リセット」です。

気持ちをリセットすることが大切だと思います。

簡単に言いますと、一旦寝ることです。寝ると気持ちがキレイにリセットされて新しい気持ちでやらなければならないことに望むことができます。

1時間でもいいので睡眠を取ると気持ちが全然違います。

勉強なら、夜ダラダラとするくらいなら早くに寝て、早朝に勉強するほうが断然効率が良いと思います。

仕事でも少し仮眠をとって続きをやったほうがサクサク進むと思います。

このように私なりの気持ちのリセット手段は寝ることでした。是非参考にしてみてください。また、自分なりのリセット方法を見つけることも良いかもしれません。散歩に行く。とかもありかもしれないですね。

 

そんなことを書いてきましたが、そろそろ私もやる気が起きてこなくなったので一旦寝ることにします。そしてまっさらな気持ちで仕事に臨みます。

それでは、おやすみなさい。

全国9カ所のプレミアム・アウトレットで半期に一度の10日間 夏物アイテムの最終バーゲン

8月17日(金)~26日(日)の10日間、開催される「プレミアム・アウトレット バーゲン」は、憧れのブランドやファッション、スポーツ、生活雑貨まで、今すぐ欲しい夏物アイテムがお得になる夏物最終バーゲンです!

期間中の週末は御殿場、佐野、鳥栖プレミアム・アウトレットで、お子様をお預かりする託児サービス「キッズケアプログラム」を開催し、お買い物だけでなく、お子様も各種工作を楽しむことができます!

 

会場までのアクセスに便利な
シャトルバス

本バーゲン期間中、各アウトレットでは、お客様のニーズの多いエリアから直行高速バスが運行するなどアクセスが拡充され、ご来場がさらに便利になります!御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県御殿場市)では、期間中の土日に、東京、神奈川方面(渋谷・三軒茶屋便、調布・多摩センター便、町田便、藤沢・辻堂・茅ヶ崎便)から臨時バスが運行。また、佐野プレミアム・アウトレットでは、期間中の特定日、新越谷駅や大宮・上尾駅よりショッピングライナーが運行します。

鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀県鳥栖市)では、期間中、博多バスターミナルから毎日直行高速バスが運行するほか、九州全域からも公共交通機関で便利にアクセスいただけるよう、新鳥栖駅と施設を結ぶシャトルバスを期間中の土日限定で運行いたします。更に、神戸三田プレミアム・アウトレットでは、お買い上げ条件付きで、お帰りのバスが無料となるキャンペーンを開催します。

 

 

キッズケア プログラム 

本プログラムは、お子様をお預かりし、専門のインストラクターと共に体験や遊びが楽しめる託児サービスが用意されています。

8月は、御殿場・佐野では、芝生人形作りと万華鏡作り、鳥栖では、万華鏡作りと虫よけスプレー作りのプログラムをあります!

場 所:御殿場、佐野、鳥栖プレミアム・アウトレット(3か所)
開催日:8月18日(土)、19日(日)、25日(土)、26日(日)
URL:御殿場 https://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/pdf/kidscare.pdf
佐 野 https://www.premiumoutlets.co.jp/sano/pdf/spo_kids25.pdf
鳥 栖 https://www.premiumoutlets.co.jp/tosu/pdf/tpo_kids24.pdf

 

【「プレミアム・アウトレット バーゲン」 開催概要】
憧れのブランドやファッション、スポーツ、生活雑貨まで、今すぐ欲しい夏物アイテムがお得になる夏物最終バーゲンです。
場  所 : 全国9カ所のプレミアム・アウトレット
期  間 :2018年8月17日(金)~26日(日)
※仙台泉プレミアム・アウトレットは8月10日(金)~19日(日)の10日間に開催します。

各プレミアム・アウトレットの「プレミアム・アウトレット バーゲン」の参加店舗と参加内容は、下記よりご確認下さい。

◆御殿場プレミアム・アウトレット(静岡県御殿場市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/pdf/sp_201808.pdf
直行バス情報 https://www.premiumoutlets.co.jp/gotemba/access/

◆佐野プレミアム・アウトレット(栃木県佐野市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/sano/pdf/sp_201808.pdf
直行バス情報 https://www.premiumoutlets.co.jp/sano/access/

◆あみプレミアム・アウトレット(茨城県稲敷郡阿見町)
https://www.premiumoutlets.co.jp/ami/pdf/sp_201808.pdf

◆酒々井プレミアム・アウトレット(千葉県印旛郡酒々井町)
https://www.premiumoutlets.co.jp/shisui/pdf/sp_201808.pdf

◆りんくうプレミアム・アウトレット(大阪府泉佐野市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/rinku/pdf/sp_201808.pdf

◆神戸三田プレミアム・アウトレット(兵庫県神戸市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/kobesanda/pdf/sp_201808.pdf
【神戸三田プレミアム・アウトレット お帰りバス無料キャンペーン】
「プレミアム・アウトレットバーゲン」期間中の対象日に、15,000円(税込・当日レシートのみ合算可)以上お買い上げいただくと、「神戸三宮バスターミナル(JR新神戸駅経由)」・「JR姫路駅(姫路城大手門前経由)」のお帰りバスが無料になるバスチケットをプレゼント。
「神戸三宮バスターミナル(JR新神戸駅経由)」
対象日:8月17日(金)・18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日)各日先着200名様
「JR姫路駅(姫路城大手門前経由)」
対象日:8月18日(土)・19日(日)・25日(土)・26日(日) 各日先着20名様
※詳細は、上記神戸三田プレミアム・アウトレットウェブサイトにてご確認下さい。

◆土岐プレミアム・アウトレット(岐阜県土岐市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/toki/pdf/sp_201808.pdf
【土岐プレミアム・アウトレット限定「プレミアム・アウトレットバーゲン プレセール」】
2018年8月13日(月)~16日(木)初開催
土岐プレミアム・アウトレットでは、プレセール参加店舗で、いち早くバーゲン価格でお買い物ができる「プレミアム・アウトレットバーゲン プレセール」を初開催します。

◆鳥栖プレミアム・アウトレット(佐賀県鳥栖市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/tosu/pdf/sp_201808.pdf
直行バス情報 https://www.premiumoutlets.co.jp/tosu/access/

◆仙台泉プレミアム・アウトレット(宮城県仙台市)
https://www.premiumoutlets.co.jp/sendaiizumi/pdf/sp_201808.pdf

あのレクサスが手がける、2日間限定の超プレミアム野外レストラン!

地域に残された美しい自然や伝統文化、歴史、地産物などを体験できるプレミアムなレストランを体験してみませんか?

どこからでも天の川が見られると言われるほど自然豊かで、空気が澄んでいる鳥取県。

その鳥取の中でも日本の原風景のような懐かしい景色が広がる八頭町が今回のDINING OUTの舞台です。

※演出の一つとして、ご参加の方には開催場所は明かされません。

 

 

テーマは「 Energy Flow  -古からの記憶を辿る-」

ゆるやかに蛇行する八東川にそって走る若桜鉄道や趣のある木造の駅舎。
田植えの時期になれば空を映す田園風景と、秋になれば花御所柿がたわわに実をつけて橙色に染まる柿畑。

そんなのんびりとした時間の流れる八頭町ですが、かつては大きな勢力のあった政の中心地でした。

八頭という地に古来より漂う、“生命力”や“自然の神秘”を、ぜひ感じてみてください。

 

 

その土地を象徴する特別な場所がプレミアムなレストラン会場に

観光地として有名な場所から、地元でも注目されていない場所も候補地として選定し、開催ごとのテーマに見合った場所を野外レストランの会場に仕立てあげていきます。

開催後は、新たな観光地として顕在化されていくことも。

 

 

「地元の人が、地元の良さに気づき、地元にプライドを持つ」機会を創出

100名以上の地元スタッフとともに作り上げていくイベント。

現地でのワークショップを複数回にわたり実施し、制作過程やノウハウを惜しみなく地元協力者に共有し、本番当日に向けて、DINING OUTスタッフ、地元協力者が一体となってイベントを作り上げます。

 

世界中から注目されるトップシェフをキャスティング


国内外から高い評価を受け、注目を集めるトップシェフをキャスティング。地元食材の新たな魅力を引き出した「DINING OUT」でしか味わうことのできないオリジナルメニューが完成。

 

地元食材の新しい調理法やメニューのレシピも全て公開し、地元の料理人が新たな郷土料理として価値化していくことを大きな目的としている。

 

 

◆チケット発売とDINING OUTについては http://www.onestory-media.jp をご覧ください。

 

 

【イベント名】DINING OUT TOTTORI-YAZU with LEXUS
【日程】2018年9月8日(土)、9日(日)※2日間限定
【場所】鳥取県八頭町
【募集人数】各回40名、計80名限定
【出演】シェフ:徳吉 洋二(ミラノ「Ristorante TOKUYOSHI」)
    ホスト:アレックス・カー(東洋文化研究家)
    サービス統括:大橋 直誉(レストランプロデューサー)

過去のDINING OUT の模様はこちら

 

 

偶然の出会いがあなたの人生を変えてくれるかも

先日、私の中の一番が更新されたので少しお話します。何の一番が更新されたかといいますと食べ物です。つまり死ぬ前に最後の晩餐として食べたいものが変わったということですね。

私はこれまで死ぬ前の食事はうなぎと決めていました。もちろん生のうなぎではなく”うな重”です。あれほどご飯がすすむ食べ物はありません。私は白米が好きなので、これまではいかに白米を美味しく食べられるかで一番美味しいものを決めていました。

しかし、このたび革命が起こりました。なんとマンゴーがうなぎを猛然と追い抜いていったのです。そのきっかけは先日食べたマンゴーパフェです。

もともと果物が好きで、中でもマンゴーはお気に入りでした。ただ死ぬ前に食べたいかというとそれほどではありませんでした。

なんというか、今までなんとなくいいなと思っていた人が夢に出てきて次の日から急に意識するようになったあの感覚です。簡単に言うとそのパフェを食べてマンゴーにときめいたんですね。

またそのパフェと食べ終わったときに「このパフェなら永遠に食べ続けられる」と思いました。おそらく睡眠やお手洗いなどの生理現象の時間を除けばそれ以外の時間をつかってずっと食べ続けることができると思います。それくらいおいしかったんです。

同じお店で友人はいちご系のパフェと、フルーツの盛り合わせ的なパフェを食べていました。それもまた美味しそうで、もし私がそちらを食べていたらきっとマンゴーが一番好きということにはならなかったと思います。

何が言いたいのかというと、偶然の出会いにあふれている世の中で一つ一つの出会いを大切にしたほうが良いということです。私もあの日、偶然友人と遊び、偶然お店に入り、偶然そのパフェを注文し食べたから私がマンゴーにときめいたのであって、もしひとつでも違っていたら今もなお”うな重”が頂点に君臨していたと思います。

人との出会いに限定することなく、様々なものとの出会いを大切にしてほしいです。偶然出会った人が自分の人生を大きく変えてくれることもありますし、偶然手に入れたものが生活を豊かにしてくれることもあります。なにはともあれ楽しくいきましょう。

【土屋鞄】秋の家族のおでかけ先に!親子で楽しめる「まいにちワークショップ」開催

職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所は、ランドセル専門店「童具店」全10店舗にて、2018年9月から2019年3月頃まで「まいにちワークショップ」を無料開催します。2018年9月・10月のテーマは「革のゆび人形ネームタグをつくろう」です。

ランドセルの革のゆび人形ネームタグランドセルの革のゆび人形ネームタグ

1965年創業、職人の手仕事によるランドセルづくりを続ける株式会社土屋鞄製造所(本社:東京都足立区)は、ランドセル専門店「童具店」全10店舗にて、2018年9月から2019年3月頃まで「まいにちワークショップ」を無料開催します。2018年9月・10月のテーマは「革のゆび人形ネームタグをつくろう」です。

【イベント詳細】
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/blog/detail.php?product_id=342

「まいにちワークショップ」とは

職人たちが日々感じている「つくる喜び」を子どもたちにも伝えたいという考えのもと、2013年にスタートした「まいにちワークショップ」。季節ごとに内容を変えて、童具店全10店舗にて開催します。
子どもたちや家族の“今”を残す取り組みとして行っている「思い出づくりプロジェクト」のひとつとして、ランドセルの革を使ったものづくりを楽しめます。親子の時間を形として残せるものづくり体験の場として好評です。

■9月・10月のテーマは「革のゆび人形ネームタグをつくろう」
9月・10月はランドセルの革を使って、「ゆび人形ネームタグ」をつくります。トンカチを使い金具をつけて、タグに自分のイニシャルを刻印したら完成。指につけてお友だちと遊んでみましょう。ネームタグとして鞄につけることもできます。

完成したら指につけてお友だちと遊べる!完成したら指につけてお友だちと遊べる!

 

■開催概要
【参加費】無料
【所要時間】約45分
【対象年齢】小学生まで
【開催店舗】童具店 全10店舗
【開催日程】2018年9月1日(土)~10月31日(水)
※火曜定休
【時間】11:15 ~/12:15 ~/13:15 ~/14:15 ~/15:15~/16:15 ~/17:15 ~
【参加方法】要予約。詳細は以下WEBページをご覧ください。
イベント詳細:
https://www.tsuchiya-randoseru.jp/blog/detail.php?product_id=342

【注意事項】
・混雑状況により、開催時間が前後する場合がございます。
・材料が無くなり次第、終了となる可能性がございます。

エプロンを付けて職人気分にエプロンを付けて職人気分に

■開催会場

●東北(童具店・仙台)
●関東(童具店・中目黒/童具店・南大沢/ 童具店・横浜)
●中部(童具店・名古屋)
●関西(童具店・京都/ 童具店・大阪/童具店・神戸)
●中国(童具店・広島)
●九州(童具店・福岡)

※西新井本店、軽井澤工房店では開催いたしません。
※ランドセル工房は、西新井本店、軽井澤工房店に併設されています。童具店では製造を行っていません。
※店舗詳細は、以下WEBページをご覧ください。
店舗詳細:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/shop/list.php

—————————————-

<Instagramキャンペーン「あつまれ!#ちびっこ職人部」同時開催>

Instagramにて「#ちびっこ職人部」と 検索するとこれまでの様子がご覧いただけます。Instagramにて「#ちびっこ職人部」と 検索するとこれまでの様子がご覧いただけます。

昨年度大好評だったInstagramキャンペーン「あつまれ!#ちびっこ職人部」。半年間で参加者の投稿が約1400件となり、ものづくりを楽しむお子さまの真剣な顔や、笑顔が集まりました。今年度も、お子さまが「まいにちワークショップ」に参加した際の写真をInstagramにて募集します。当選した方には、土屋鞄オリジナルグッズをプレゼント!
キャンペーン詳細・応募方法は8月22日(水)に以下WEBサイトにて公開します。
キャンペーン詳細:https://www.tsuchiya-randoseru.jp/contents/detail.php?product_id=344

—————————————-

土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)
丈夫でシンプルなランドセル

土屋鞄のランドセルづくりは、1965年に創業者の土屋國男が自宅に併設した工房で始まりました。半世紀以上にわたり鞄製造一筋に打ち込み、子どもたちが6年間安心して使える、丈夫でシンプルなものづくりを大切にしています。

職人の手仕事によるものづくり

子どもたちと6年間をともに過ごす特別な鞄だからこそ、150以上のパーツを使用、職人の300を超える手仕事によりつくられます。
西新井工房、軽井澤工房の他、2017年には長野県佐久市に「佐久工房」が仲間入りしました。工房や職人の数とともに、製造できるランドセルの数も少しずつ増えています。

ものづくりへの思いを込めたランドセル専門店

工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店9店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に21店舗を構えています。
木材やレンガを使用した落ち着きのある店内には、ランドセルの素材となる牛革や、ミシンなどを展示しており、職人のものづくりを感じることができます。

今、一番言ってみたいセリフ

 

誰しも言ってみたいセリフなんてものが1つくらいはあるのではないでしょうか。「食べても太らないんだよ。」とか「名乗るほどのものではない。」とか「俺に惚れたらやけどするぜ。」とか。

そんな数あるセリフの中でも群を抜いて言いたいセリフがあります。

「方向性の違いです。」です。

これを言うためにはとりあえずビジュアル系バンドを結成して、音楽活動を3年半行い、そこそこ売れる。

その後順調に事が進むと思っていたある日、ベースである私とボーカルとが同じ女性を好きになる。

そして、喧嘩を繰り返し、ボーカルとの間で埋められない亀裂ができて、解散を決定する必要があります。

そこで記者会見を開き、解散理由を記者に聞かれ「女性問題です。」と正直に言うわけには行かないのでここで表向きの理由を一言

「方向性の違いです。」

このセリフを言うにはとても努力が必要です。もしこのセリフに興味がある方は私と一緒にビジュアル系バンドを組みましょう。

自分という最強の敵。

 

あなたにはライバルはいますか。例えば、学校で常にテストの点数を争っているクラスメイト、いつも試合で勝ち負けを競っている選手、よく営業成績をくらべられる同僚など。多くの人が今までの人生の中でライバルと言える存在に出会ってきたのではないかと思います。

そんなライバルですが、一時期は競い合っていたとしても、進学や転職などによってステージが変わると競い合う機会はほとんどなくなったのではないでしょうか。

しかし、どんなにステージが変わっても、生まれてから死ぬまで必ずついてまわる最大にして最強の敵がいますよね。

そうです自分です。

自分は常に自分に対して優しく接してくれるので、一見味方ではないかと錯覚してしまいます。

しかしその優しさに甘えてしまうとどんどん堕ちていってしまいます。「明日はテストだけど疲れたから勉強はやめてテレビを見よう。」「ゴールはもうすぐだけど結構走ったからもう歩こう。」「眠いから寝よう。明日早く起きてやればいいや。」など一度甘えてしまうともう帰ってこられなくなることもありますね。

本当にきつい時は歩みを緩めることも大切ですが、ここぞという時に踏ん張ることができる力を手に入れましょう。

そんなことを偉そうにいっている私も、日々自分と戦っています。

しかし、いつ戦っても全く歯が立ちません。

自分強すぎます。

具体的にどんなことで戦っているのかというと、夜のお菓子です。

「絶対に食べちゃだめだ、絶対に食べちゃだめだ」と思えば思うほど食べたくなります。そして食べます。

ポテトチップスやチョコレートを味方につけた自分という敵に勝てるわけがありません。

だってポテトチップスやチョコレートは美味しいから・・・

いつも優しい自分が「少しくらいなら食べても変わらないよ。ちょっとだけなら太るはずないよ。」とそそのかしてきます。

こんな自分という敵に勝てる人なんているんですかね?

いや、絶対にいませんね。いるわけがありません。なのでこれからもガンガン夜にお菓子を食べていきたいと思います。夏になのでアイスっていうのもいいですね。

ということで、最強のライバル”自分”に関して書いてきました。本当にストイックで自分に対して厳しくできる人はどんどん甘い自分を打ち破っていってください。気持ち次第で自分はどうとでも変えることができます。

苦しいときもあると思います。しかし、気持ちを強く持ってなんとか踏ん張っていきましょう。ただ、体が一番大事ですから、休息を取ることもお忘れなく。

私は夜にお菓子を食べることは続けていきたいと思います。

ストレスの解消にもなりますしね。