• home
  • ライドシェア
  • 【アジア圏】1年間で6カ国11都市巡った僕がオススメするグルメ5選

【アジア圏】1年間で6カ国11都市巡った僕がオススメするグルメ5選

POSTED

▽相乗りルート情報▽

  • norina_ridesharing-1
  • norina_ridesharing-2
  • norina_ridesharing-3
  • norina_ridesharing-4

初めまして。フリーライターをしながら世界各国を旅しているしっしー(@sissy0424)と申します。

僕は2018年に入ってからすでに6カ国11都市を巡っていますが、旅をする最大の楽しみが「食」です。

実際に「食」が好きすぎて、大学では食品関係の学部に在籍し、卒業後はコンビニ弁当の商品開発部で働いていました。

現在は「食」をメインとしたライターとして世界各国の美味しいグルメを食べ歩いています。

そこで今回はこの1年間で回った国で美味しかったものを紹介していきたいと思います。

インドカレー(インド)

インドに渡航した最大の目的は「カレー」を食べることです。

タージマハルやガンジス川も良かったですが、インドカレーの美味しさには驚きました。

何種類ものスパイスを使用して作られるインドカレーはコクと野菜の旨味がありながら、爽快な辛さが鼻を抜けていきます。

辛いのが苦手な人には少し辛いかもしれませんが、普通の人であれば心地の良い辛さだと思います。

インドを訪れる際はインドカレー巡りはいかがでしょうか?

小籠包(台湾)

中華料理の点心の一種で、豚ひき肉を使用した餡を薄い皮で包んで蒸した人気の料理です。

日本でも人気があるメニューですが、台湾で食べる小籠包は格別でした。

箸で薄い皮を割ると肉汁が溢れ出し、それを一気に口に放り込んでホフホフ言いながら食べるのが最高に美味しかったです。

台湾ビールをお供に様々なお店を回りましたが、どのお店も絶品で物価も安いのでお腹がいっぱいになるまで食べまくりました。

台湾に行ったら小籠包を嫌というほど食べましょう。

レチョン(フィリピン)

フィリピンのセブ島の名物料理「レチョン」は豚を丸焼きにした豪快な料理です。

セブ島の街中には豚一頭が串刺しにされて火にかけられながらグルグルと回転しているお店が多くありました。

セブ島では豚肉とにんにくを使用した料理が多く、レチョンもガーリックライスに添えて食べました。

このガーリックライスも絶品なのでフィリピンに行く際はぜひ食べてみてください。

パッタイ(タイ)

パッタイはタイ料理の代表として国民に愛される伝統料理です。

具材は麺、卵、もやし、えび、ピーナッツ、ライムですが、お店によって様々なアレンジがされています。

ライムを少し絞ると一気にアジアンな風味が口の中を支配してやみつき間違いなしです。

タイ料理は何を食べても美味しいので、タイにグルメ目的で行く人も多いのも事実。

物価も安いのでかなりおすすめですよ。

スリランカカレー(スリランカ)

あまり知られていないスリランカカレーですが、インドカレーとは全くの別物です。

使用するスパイスも違って、少し薬膳カレーに似ているところがあります。

主食は米で、何種類ものカレーと米をぐちゃ混ぜにして食べますが、これが意外とハマります。

ちょっと薬膳系やハーブ系が苦手な人にはおすすめできませんが、好きな人はどハマりしてしまうほど魅力があるカレーです。

スリランカ滞在中に何度も食べましたが、帰国してからもまた食べたくなるグルメですね。

まとめ

盗難アジアはグルメの宝庫で、まだまだ知らない料理も数多くあります。

今後も海外のグルメを探して旅を続けたいと思います。

公式アプリをダウンロード

nori-na(ノリーナ)はドライバーと移動したい人をマッチングさせる相乗りアプリです。スマホを使って、誰でも簡単に、安く、楽しく移動することができます。今注目のライドシェアであなたもお出かけしませんか?