願い事を京都の星空に!「京の七夕」に浴衣で行こう

POSTED

京都で8月1日から行われているの「京の七夕」イベントに、着物レンタル夢館(ゆめやかた)が豪華特典付きの「京の七夕限定プラン」を実施!

昨年の京の七夕 堀川エリアの様子昨年の京の七夕 堀川エリアの様子

 

幻想的な風景が京都の夜に広がる「京の七夕」が、今年も8月1日から開催されています。魅力的な光の演出やステージイベントなどが京都市内の各会場で行われ、京都の新しい風物詩となっています!

鴨川河川敷では、伝統技術を用いた竹かごと風鈴を合わせた「風鈴灯」など、せせらぎと共に幻想的な空間が演出され、訪れた観光客やカップルに人気です。特に人気の「堀川エリア」では、京の七夕を浴衣姿で楽しむ人も多く、二条城のプロジェクションマッピングなど光の演出が豪華に行われます!

北野天満宮 寺院・神社の協力のもと、七夕飾りや夜間特別公開、ライトアップ等を実施北野天満宮 寺院・神社の協力のもと、七夕飾りや夜間特別公開、ライトアップ等を実施

着物レンタル夢館では、京の七夕に参加される方に向けて、豪華な特典を提供!
8月15日までの期間中、下記の京の七夕特別特典付きプランでご利用いただけます。

 

[御池別邸限定] 京町家でのプロカメラマンによる撮影
<特典:グループ1枚無料>

築100年を越える趣ある店内は浴衣が似合う和の撮影スポットがいっぱい。
※写真はデータダウンロード形式 ※夢館ご利用の方に限ります。

 

京の七夕限定
新品浴衣プレゼントプラン3500円(税別)

100種類以上の中から好みの浴衣をチョイス!新品浴衣がそのままお持ち帰り出来るとってもお得なプランです。
※このプランは女性のみ対象です。
※浴衣は新品から選んで着付け、そのままお持ち帰り可能。帯や下駄などはレンタルとなります。
※浴衣のサイズはフリーのみ。それ以外の方は通常のレンタルプランをご利用下さい。
※着用後のプラン変更はできません。

返却の必要なし!浴衣購入プラン
[男女共]5900円(税別)~
<特典:着付け無料>

プラン内容[浴衣・帯・下駄]女性は巾着プレゼント!
女性の方は肌着をご持参下さい。(レンタルの方は不要/購入可)

 

浴衣レンタルプラン <特典:10%OFF>

[五条店]
☆浴衣レンタル…2800円→2520円/1名(税別)
☆男女カップル…5500円→4950円/2名(税別)

[御池別邸]帯飾りなどがついたワンランクアップの装い
☆浴衣レンタル…3500円→3150円/1名(税別)
☆男女カップル…6500円→5850円/2名(税別)

 

浴衣持込着付+ヘアセット
<特典:500円割引>

浴衣着付け+浴衣ヘアセット(8スタイルよりチョイス)…4500円→4000円(税別)
浴衣着付けのみ…3000円→2500円(税別)
※予約時間9時~17時迄

 

 

・翌日返却料1000円→無料・宅配返却料1500円→無料

・選べるプレゼント!どれかひとつを選べます!

①オリジナルミニうちわ ②オリジナルマスキングテープ ③オリジナル手ぬぐい

[共通オプション] 浴衣ヘアセット・・・1500円(税抜)
※10時~18時迄 ※8スタイルよりチョイス

【重要】
特典GETの合言葉→「京の七夕2018」
電話の場合は口頭でWEB予約の場合は備考欄にご記入下さい。記入なき場合は特典の対象外となります。

五条店か御池別邸か、ご来店ご希望の店舗名もお伝え下さい。

文化と伝統が光の演出で魅力的な京の七夕を、浴衣で楽しんでみてはいががでしょうか。ワクワクする夏の夜は、浴衣の柄にもこだわってみて。夢館は、オリジナル柄の新作浴衣や男浴衣もこだわって種類も豊富。あなたの好みの柄を選ぶことができるので、満足度も違います!

 

[着物レンタル夢館 五条店]
ご予約お問い合わせは 075-354-8515
https://www.kyoto.yumeyakata.com/
地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩3分
大通りに面しているので、清水寺や伏見、嵐山などへのアクセスの中心として便利な店舗です

 

 

[着物レンタル夢館 御池別邸]
ご予約お問い合わせは 075-354-8502
https://www.kyotooike.yumeyakata.com
地下鉄烏丸線「烏丸御池駅」から徒歩3分
築100年の京町家を改装した趣のある店舗で、記念日など特別な日のご利用にも人気です。
京の七夕では、堀川エリアにも近くて便利!
二条城では「妖怪たちの七夕」をテーマにしたプロジェクションマッピング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

[京の七夕] 開催期間:2018年8月1日~16日 会場、イベント詳細は京の七夕公式サイトをご覧ください。
http://www.kyoto-tanabata.jp/

written by

相乗りアプリ【nori-na】