【7/31(火)~8/4(土)】八戸三社大祭

POSTED

 

藩政時代より受け継がれる「八戸三社大祭

古式ゆかしい神社行列と、雅やかなお囃子とともに現れる華麗な山車が、

八戸の短い夏を熱く、美しく彩ります!

 

 

とてもきれいで迫力があり、周りもすごい賑わいですね!

 

お祭りは7/31(火)~8/4(土)の5日間で行われます。

7/31(火):前夜祭

8/1(水):お通り

8/2(木):中日

8/3(金):お還り

8/4(土):後夜祭

という日程です。

 

一番の見どころは、おがみ神社・長者山新羅神社・神明宮の三神社の神輿行列

と、神話や歌舞伎等を題材に各山車組が制作した27台の山車の合同運行です

 

さらに、中日には、八戸市庁前おまつり広場ステージで

山車の審査発表も開催されます。

 

期間中はなんと100万人の人出が見込まれます。

高さ10m・幅8mにもなる山車が通るたび、沿道では大きな歓声があがります。

また、ライトアップされた山車が夜空に浮かび上がり、

幻想的な雰囲気を醸し出す夜の運行では、昼とはまた違った雰囲気になります。

 

 

八戸三社大祭は、2004年2月に「八戸三社大祭の山車行事」として、

重要無形民俗文化財に指定されました。

 

また、2016年12月1日、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」

に登録が決定しました!

 

 

アクセス・駐車場

アクセス

八戸市中心街八戸市庁前広場で行われます!

<車>

○青森東IC⇔八戸北IC(みちのく道・上北道・第二みちのく道):約1時間30分

○大鰐弘前IC⇔八戸IC (東北道・八戸道):約2時間

○盛岡IC⇔八戸IC (東北道・八戸道):約1時間30分○

仙台宮城IC⇔八戸IC (東北道・八戸道):約3時間30分

 

<公共交通機関>

東北新幹線・北海道新幹線

・東京⇔八戸:約2時間45分

・大宮⇔八戸:約2時間20分

・仙台⇔八戸:約1時間10分

○盛岡⇔八戸:約28分

○新青森⇔八戸:約24分

○新函館北斗⇔八戸:約1時間30分

 

駐車場

お祭り期間中は長根総合運動公園内に、

有料駐車場(700円)が設置されます。

また旧柏崎小学校にも

有料駐車場(700円)が設置されます。

 

更に一般の有料駐車場もございます。

 

 

 

写真を見るだけでも迫力が伝わってきますね!

足を運んで実際に山車をみて、夏の思い出を作ってみてください!

 

 

 

【イベント名】
八戸三社大祭

【開催日程】
7/31(火)~8/4(土)


【開催場所】
八戸市中心街八戸市庁前広場

 

公式アプリをダウンロード

nori-na(ノリーナ)はドライバーと移動したい人をマッチングさせる相乗りアプリです。スマホを使って、誰でも簡単に、安く、楽しく移動することができます。今注目のライドシェアであなたもお出かけしませんか?