フジロック2018への交通手段まとめ!

POSTED

夏フェスといえばフジロック!

昨年も12万5000人の動員数を誇りました。

例年に引き続き、今年も数多くの音楽ファンが参加されることでしょう。

今回はそんなフジロックフェスティバルへの交通手段をまとめてみました。

 

オフィシャルツアー

出発地から会場まで直行で行くことができるのが魅力!

宿泊と食事もついていて、入場券の購入も同時にできるため、初心者にもオススメです!

全国の都市からのツアーが組まれていて、みんなと一緒で気軽に参加することができますよ。

>>申し込みはこちら

 

 

新幹線

少しでも移動時間を短くしたいという方にオススメ!

運行の本数が多いので、自分のスケジュールに合わせて行動することができますよね。

JR東日本「越後湯沢駅」下車後に会場まではシャトルバスを利用して行くことができます。

行きは500円かかってしまうそうですが、帰りは無料です!

★始発・最終の時間など運行表は、後日こちらでご案内いたします。

 

 

マイカー

キャンプや宿泊を予定している方にオススメです!

新幹線やオフィシャルツアーの場合、荷物が多い方や集団で一緒に行くとなると動きづらくなってしまいますよね。

会場からの徒歩圏内にも駐車場が複数用意され、駐車場からのシャトルバスも走っている状況です。

 

ノリーナで相乗りをすればワリカンで交通費を抑えることができるので、おすすめですよ!

すでにフジロック向けの相乗り登録募集が入ってきている状況なので、はやめにチェックしましょう。

※駐車券単独での販売は行なっておりません。詳しくは公式HPをご確認ください。

>>駐車券案内

 

その他にも夏フェス向けでのルート登録が入ってきている状況なので、ぜひ一度ご確認ください。

公式アプリをダウンロード

nori-na(ノリーナ)はドライバーと移動したい人をマッチングさせる相乗りアプリです。スマホを使って、誰でも簡単に、安く、楽しく移動することができます。今注目のライドシェアであなたもお出かけしませんか?